<英語>英語での相づちの仕方はたくさんある!


英語で相づちをする時に、ついつい日本語で「うん」とか「えー」とか英語でも「Yes」「Yeah」などの限られたパターンを使っていないでしょうか?
日本語が混じってしまうとどうしても脳が日本語に戻ってしまうため英語を習得するうえで邪魔になってしまいます。
でも一つのパターンしか知らないし。。。

そこで今回はシチュエーション別に様々な相づちの仕方をご紹介したいと思います。
様々なパターンを身に着けて会話をもっと楽しんでみましょう!




スポンサードリンク


うなづく時

まずは相づちの鉄板パターンうなづく時の表現からいってみましょう。相手のいうことを聞いて、「うん、うん」とか「そうですね」と言いたいときには以下の表現を良く使います。
「うんうん」
Uh-huh

「そうですね。」
Right
Sure

「その通りです。」
That’s true

「全くその通りです!」と完全に同意するとき
Exactly
Absolutely
Definitely

相手の言っていることを理解して「わかった。」と言いたいとき
I got it.

納得して「なるほど」と言いたいとき
I see.

相手の言っている事を理解して理に適っていることがわかり「そういうことか」と言いたいとき
That makes sense.

賛同するとき


相手の話を聞いて「いいね!」と言いたいとき
That’s great!
That’s Wonderful!
That’s Cool!
That’s Sweet!

相手の話を聞いて「それは良かったですね!」と言いたいとき
Good for you.

「それはすごい!」と言いたいとき
That’s amazing.

相手の言っていることに対して「それいいね!」と言いたいとき
Sounds good.

「素晴らしいね!すごいね!」と言いたいとき
Awesome!


スポンサードリンク




驚いて聞き返すとき


びっくりして「本当に?」と聞き返すとき
Really?
For real?

Really?より丁寧に「本当に?」と聞き返すとき
Is that so?

「まじで?本当に」と言いたいとき
Seriously?
Are you kidding?



驚いた時


驚いた時のおなじみの表現です。
Oh my goodness/god/gosh.

相手のいった事に衝撃を受けて「なんてことだ!」と驚いた時
That’s incredible!
That’s unbelievable!

相手のいった事が信じられないときに「ありえねー!」と言いたいとき
I can’t believe it!
No way



嘆く時


良くない状況を聞いて「あらら」と相づちをうつとき
Uh-oh.

上と同じように良くない状況を聞いて「あらまあ」と言いたいとき
Oh boy.
Oh man.

悲惨な状況を聞いて「それはひどい」と言いたいとき
That’s terrible.
That’s awful.

残念な状況を聞いて「お気の毒に」「それは残念」と言いたいとき
That’s too bad.


不確かな時


「たぶんね」と同意するとき
Probably.
Maybe.
Perhaps.
Could be.

相手の話を聞いて「そうみたいだね。」と同意するとき
I guess so.

相手の話を聞いて完全に認めず「まあね。」と濁したいとき
Kind of.


繰り返す時

相手のいった事を確認するときに繰り返す相づちも良く使われます。
例えば日本語でも
「先週東京に行ったの」
「行ったの?」
というような感じです。

Are you?
例. I’m a morning person. Are you?
私は朝方の人間です。本当にあなたが?

Do you?
例. I love cooking. Do you?
料理するのが好きなの。料理できるの?


最後に

いかがでしょうか。相づちにも状況によってたくさんの言い方があります。毎回相づちを変える必要はありませんがいくつかのパターンを覚えてしまって会話にバリエーションを出してみましょう。きっともっと会話が楽しくなりますよ!

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です