免税、日本人でも可能!?


旅行者が日本で買い物をする時に消費税が免除になるシステムが、
2016年5月1日より1万円以上から5000円以上に引き下げられました。

このシステムですが、ある条件を満たすと日本人でも利用できるってご存知でしょうか?


スポンサードリンク


旅行者は消費税の8%を払わずに買い物できる

現在日本は中国人の旅行者が増えてきており、彼らは日本の商品を爆買いして行っていますね。
彼らのほとんどは免税店を利用しており、消費税の支払いが免除になっています。

日本人でもある条件を満たせば免税利用可能!?

日本人でも
・2年以上海外で生活をしており、6か月未満の日本滞在中の方
が対象で免税が利用できるんです。
ただ注意としては
・自動入国ゲートで中に入ってしまうとスタンプが押されないので、その場合だけは注意が必要です。(日本に入稿したというスタンプが必要なため)



アップルのMacBookやiphoneを買う場合1万円以上もお得に!?

アップルのMacbookhは定価で18万円ぐらいします。そこに8%の消費税を合わせると19万4400円となりますが、
免税だと18万円のみで済むので、約1万5000円もお得になります。
海外移住者は使わない手はありませんね。

スポンサードリンク





使い方

肝心の使い方ですが、免税店で買い物をする際に免税でお願いしますとレジでいうのと、パスポートを提示して必要な書類を記載してもらってください。
これを出国の時にみせればOKです。
これで消費税免除で買い物ができます。

詳しくは官公庁のページをご覧ください。



まとめ

免税を日本人が使う条件は
・2年以上海外に滞在中
・日本に入国の際にはスタンプが必要になるため、自動入国ゲートを使わない。
・免税店で買い物をする時にパスポートを提示し、必要書類をもらう
・出国する際に必要書類を提示する


8%も安く買い物をできるので、海外に滞在中のかたはこれを使わない手はないのではないでしょうか?
申請もそんなに手間ではないので是非活用ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です