瞬間英作文で英語脳を鍛える!その15(ますます~だ)


日本語の文を英語に直すという単純な文ですが、日本語を言い換える力といろんな場合でのこれからも英語の表現をご紹介していきます。
今回は第15弾です。

これは、日本語の文を瞬時に英語に直すという訓練みたいなものです。ある単語を変えれば自分の言いたい事にするという応用に もなるので、是非試してみてください。意外と英語を結構習得できているつもりでも、日本語から言い直すのはできない人が多いです。

今回は前回に引き続き比較の表現についてやっていきます。”思ったよりも~だった”や”見た目より~だ”などの表現です。では早速行ってみましょう!!
日本語でいう「ますます~だ」「~すればするほど~だ」という表現をやっていきたいと思います。

では早速やっていきましょう。


①あたりはますます暗くなってきた。

.


スポンサードリンク


.

.

.

It is getting darker and darker.

ここでの主語はあたりなので、天気などを表すときに使えるItとなります。

動詞はここでは~になっているということで「be動詞 + getting」としていますが、「be動詞 + becoming」でも大丈夫です。

ここでの最大のポイントとなるますます暗くなってきたは

形容詞の比較級+ and +形容詞の比較級

で表すことが出来ます!

例:ますます寒くなってきた。

⇒It is getting colder and colder.

例:雨はますます強くなっている。

⇒The rain is getting heaver and heaver.


ーーーーーーーーーーー
 

 

②彼女は最近ますますきれいになっている。

.

.

.

.

She has become more and more beautiful lately.

①では形容詞の比較級 + 比較級でしたが、今回の形容詞beautifulは比較にするときにmoreを付けますね。

なので、それを繰り返して

more and more + 形容詞

となります。

今回の時制ですが、現在も続いているということで現在完了を使っています。

そして最後に最近という単語latelyを付けています。これはRecentlyなどでもOKです。

例:このドラマは最近、ますます面白くなってきた。

⇒This drama has become more and more interesting recently.

例:その試験は近年ますます難しくなっている。

⇒That exam has been becoming more and more difficult in recent years.


 

 

スポンサードリンク






③我々は年をとればとるほど、記憶力が弱くなる。

.

.

.

.

The older we grow, the weaker our memory gets.

~すればするほど、~になるという表現です。

これはもう形を覚えてしまいましょう。

The + 形容詞の比較級 + 主語 + 動詞, The + 形容詞の比較級 + 主語 + 動詞

です。

この時の~になるというのを今回は「Get」としていますが「become」でも大丈夫です。

あとポイントは年をとるという動詞を英語ではgrowを使って表します。

例:我々は年をとればとるほど、視力が弱くなる。

⇒The older we grow, the weaker our sight gets.


④山を高く登れば登るほどますます寒くなる。

.

.

.

.

The higher you claim up a mountain, the colder it gets.

これも③でやった文と同じで、

The + 形容詞の比較級 + 主語 + 動詞, The + 形容詞の比較級 + 主語 + 動詞

です。寒くなるは天候のことなので主語が「it」となってます。


例:山を高く登れば登るほど、空気がどんどん薄くなる。

⇒The higher you claim up a mountain, the thinner the air gets.



まとめ


今回はますます~になる。

比較級 + and + 比較級

といった表現と

~すればするほど~になる。

The + 形容詞の比較級 + 主語 + 動詞, The + 形容詞の比較級 + 主語 + 動詞

という表現をご紹介させていただきました。
ますます~になるやだんだん~になるなどといった表現は使える事が多いので是非自分なりの文を作成してマスターしてみてください。
英語の文を使えるようになる近道は自分で文を作ってみることが一番です。
では、また次回まで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です