明治維新の革命児、坂本龍馬の名言!①


日本人なら誰でも知っている、
明治維新時代の革命児、坂本龍馬。

いろいろな逸話などもありますが、
龍馬も数々の名言を残していましたので、ご紹介します。


スポンサードリンク


「日本を今一度
せんたくいたし申候」

⇒革命はいつもなにかを壊す事から始まります。

「事は十中八九まで自らこれを行い,
残り一、二を他に譲りて功をなさむべし」

⇒自分で全部やらずに、最後のおいしいところは人に譲ってことでしょうかね。
さすが、龍馬ですね。なかなか普通の人にはできません。

「恥といふことを打ち捨てて,
世のことは成るべし」

⇒やって失敗する恥よりもなにもやらずにじっとしている事の方が、
恥ですもんね。

「俺は着実に物事を
一つずつ築きあげてゆく。
現実に合わぬことはやらぬ。」

⇒小さい事でも確実にコツコツと大事な事ですね。

「何の志も無きところに、
ぐずぐずして日を送るは、
実に大馬鹿者なり」

⇒常に志、目標を持って行動せよ!という事ですね。
目的もなくダラダラと過ごさないようにしたいものです。

「時勢に応じて自分を変革しろ」
⇒信念を貫き通す事は大切ですが、時には柔軟に自分の考えを変えることも大事ですね。

「われ、はじめて西郷を見る。
その人物、茫漠としてとらえどころなし。
ちょうど大鐘のごとし。
小さく叩けば小さく鳴り。
大きく叩けば大きく鳴る。」

⇒人によっては、相対する人が強ければ強いほど、実力を発揮する人、
環境によって実力を発揮する人もいるってことですね。
自分がそのタイプの人間なら、どれだけ実力を発揮できる環境に自分を持っていく事が大切です。

スポンサードリンク



「金よりも大事なものに
評判というものがある。
世間で大仕事をなすのに
これほど大事なものはない。
金なんぞは、
評判のあるところに
自然と集まってくるさ。」

⇒今のビジネスをする上でもズバリですね。
きっと今の時代に龍馬がいたら、すごいビジネスマンになっていたに違いありません!


「偏見を持つな。
相手が幕臣であろうと乞食であろうと、
教えを受けるべき人間なら俺は受けるわい。」

⇒偏見、先入観を持って人と接していていいことはありません。

「人の世に道は一つということはない。
道は百も千も万もある。」

⇒人によって選択肢、人生は人の数分だけあります。
人の可能性は無限大です。

「万事、見にゃわからん。」
⇒百聞は一見に如かずという諺(ことわざ)がありますように、
聞くだけではなく、見ないと分からない事、やってみないと分からない事が世の中にはたくさんあります。

「男子は生あるかぎり、
理想をもち、
理想に一歩でも近づくべく
坂をのぼるべきである。」

⇒常に理想をもち、努力する事をやめない、
イチロー選手もその考え自分の絶対値を常に持っている事でゆうめいです。
イチロー選手の名言はこちら

「俺は議論はしない、
議論に勝っても、
人の生き方は変えられぬ。」

⇒行動あるのみですね。物事は会議室では起こりません。




最後に

まだまだ続きます。パート②はこちら

お読みいただきありがとうございます。
こころに響くものがありましたらシェアしてくださると助かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です