左手で握手の意味?やってはいけない!?


日本人にとってはあまりなじみのない握手かもしれませんが、
海外に行ったときは握手することも増えてきていると思います。
特にビジネスでは正しいマナーで握手できることがビジネスパーソンには必要になります。
そこで決してやってはいけないとされている左で握手する意味について記載してみました。


スポンサードリンク


左手で握手する意味

左手で握手をする意味ですが、いくつかありましたのでご紹介します。

・「相手を嫌っている」という意味

・「もう二度と会いたくない」という意味

・「相手への挑戦」「相手への侮辱」といった敵意を表しているという意味

・キリスト教では左手は悪魔の手とされているため

・インドでは左手は不浄の手とされているため



そのほかの失礼とされる握手

・相手の目を見て握手しないと失礼に当たる

・お辞儀しながらの握手も媚びていると思われてしまう
⇒お辞儀をしながらの握手もたびたび日本では見られますが、これは皇族や王族に対してのみの作法となるようです。

・女性に男性から握手を求めるのは失礼とされている(女性の体に触れるため、女性からの握手を待つことが必要)

・両手で握手することはマナー違反とされてしまうこともある
⇒政治家や芸能人でもない限り控えたほうかよさそうですね。

・あまりに弱い力だと誠意がないと思われてしまうことも

・逆に力を入れ過ぎると、傲慢さや権力を振りかざしているようにみられることも

・握手は目上の人から差し出すのがいいとされているので、目下の人から差し出すのは失礼にあたる

・韓国では空いた手をぶらぶらさせるのは失礼とされているため、空いた手を右手のひじをあてる

・手袋をしたままの握手は失礼とみなされている

スポンサードリンク



正しい握手の仕方

結論ですが、手袋している場合は脱いで右手で弱すぎず強すぎずの力加減で相手の目を見ながら握手するのがいいとされています。
また、相手が女性または目上の人の場合は相手が手を差し出してくるまで待ちましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。
日本にいる際にはなかなか握手する機会もないため知らなかったこともあったのではないでしょうか。
特に左手での握手はどこの国でもいい意味はないので決してやらないようにしましょう。

また、握手の仕方は国によって様々ですので国にいかれる前には一度その国の握手を確認してからの方がいいと思います。

それではこれを機にやってはいけないとされている左手での握手の意味を覚えて、同時に正しい握手の仕方を覚えてしまいましょう。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です