英語で~する人という英単語について


今回は「~する人」と言う英単語の作り方をご紹介したいと思います。

例えば:music⇒musician
play⇒player
などです。
いろいろなパターンをご紹介しますので確認してください。


スポンサードリンク




1.動詞の語尾にそのまま『er』をつける場合


employ → employer
listen → listener
read → reader
ski → skier
play → player
sing → singer
eat → eater
tell → teller
paint → painter
lead → leader
dress → dresser
design → designer
deliver → deliverer
weld → welder
teach → teacher
entertain → entertainer
buy → buyer

2.動詞の語尾が『e』で終わっている単語に、『r』のみを追加する動詞


skate → skater
promote → promoter
wrestle → wrestler
write → writer
hike → hiker
ride → rider
joke → joker
dance → dancer
produce → producer
drive → driver
office → officer
announce → announcer
manage → manager

3.動詞の最後のアルファベット1語を重ねて『er』を追加する場合
(単語の最後が母音+子音の場合、子音を重ねてerを追加)


run → runner
swim → swimmer
control → controller
drum → drummer

4.動詞の語尾に『or』を追加する場合


vend → vendor(vender)
sail → sailor
act → actor
direct → director
contract → contractor
edit → editor
assess → assessor
counsel → counselor
profess → professor

5.動詞の語尾の『e』を削除し、『or』を追加する動詞


composite → compositor
supervise → supervisor

6.動詞の語尾が『ate』で終わっていて、最後の『e』を削除して『or』を追加する場合


commentate → commentator
communicate → communicator
terminate → terminator
translate → translator
operate → operator
coordinate → coordinator
estimate → estimator
negotiate → negotiator

7.動詞の最後に『ant』をつける場合


attend → attendant (乗務員など、(attendee(会議の出席者))
assist → assistant
account → accountant
consult → consultant

8.動詞の語尾の『e』を削除し、『ant』を追加する動詞の場合


discipline → disciplinant
dispute → disputant

9.動詞の最後の『te』を削除し『nt』とつけるか、語尾の最後の『e』を削除し『or』をつける場合


participate → participant(参加者や参加国の場合)
participator(参加者や関係者の場合)


スポンサードリンク


10.動詞と名詞の両方の役割を持つ場合


doctor (医者、治療する)
engineer(技術者、設計する)
architect(設計者、設計する)

11.名詞の語尾を変化させて『ist』をつける場合


science → scientist
piano → pianist

12.名詞の語尾にそのまま『ist』をつける場合


art → artist
violin → violinist
guitar → guitarist
journal → journalist
special → specialist

13.名詞の語尾の『y』を削除し、『ist』をつける場合


psychology → psychologist
technology → technologist
astrology → astrologist
biology → biologist
geology → geologist

14.名詞の語尾に『man』をつける場合


post → postman
police → policeman
fire → fireman
sales → salesman

15.名詞の語尾を変えて『ian』をつける場合


technique → technician
vegetable → vegetarian
comedy → comedian
music → musician

16.名詞の語尾に『y』をつけて『er』をつける場合


law → lawyer

17.名詞の語尾の『y』を削除し『er』をつける場合


astronomy → astronomer

18.番外編


(1) sculpture ( = sculpt ) 彫刻を彫る → sculptor 彫刻家

(2) astronaut(宇宙飛行士)

astronautは二つのギリシャ語『astron(星)』と『nautes(船乗り)』を組合わせた言葉

(3)The +形容詞

下記の例のように『The+形容詞』で人を表します。

The rich → 豊かな人
The honest →正直者
The poor → 貧しい人


まとめ

どうでしたでしょうか。結構たくさんのパターンがあることに驚いたのではないでしょうか。
日本の方はなんでもかんでもerをつけたがるのですが、これを機にいろいろなパターンを覚えてしまいましょう。
また、役立つ英語のtipをご紹介していきますのでよろしくお願いします。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です