のどが痛いときにできる痛みを緩和する方法


急にのどが痛くなったり、風のひきはじめで痛くなることがあるかと思います。
今日は痛みを緩和する方法を海外のサイトなどからまとめてみましたので、ご紹介したいと思います。




スポンサードリンク



塩水でうがいをする

うがいをするのは有名な方法ですが、ここでは塩水でうがいをします。暖かい一杯のお湯に小さじ半分の塩を混ぜてうがいをしましょう。朝となる前にするとより効果的です。


ペパーミント味のキャンディーをジュースに混ぜる

メンソールのキャンディーは鼻の通りをよくしてくれます。のど飴を舐めるだけでも効果的ですが、のど飴をジュースなどに溶かして飲むとより速攻性があります。のどだけでなく、食事の後などに飲むと胃が逆流するのなどを防いでくれます。



ショウガ湯を飲む

咳が止まらないときなどはのどがより痛いと思います。ショウガはもっとも有名な自然療法です。研究によると、炎症を抑えてくれたり、腫れや痛みを緩和してくれる効果なども確認されています。生のショウガを小さく切って、暖かいお湯に入れて2,3分ほっておいてから飲みましょう。
体も温まり効果絶大です。



4.レモネードと蜂蜜

レモンは多くのビタミンCが含まれていますので風邪のひきはじめなどに効果的です。蜂蜜ものどの痛みを和らげる効果があります。そのまま飲んでもいいですが、半分に切ったレモンを暖かいお湯に入れてそこに蜂蜜を加えて飲むと飲みやすいだけでなくのどの痛みを取ってくれます。


スポンサードリンク



タバコを止める

喫煙者の方だけですが、のどが痛いときだけでもタバコを止めましょう。タバコは確実にのどを痛めるだけでなく直りも遅くなります。



マスクをつける

のどが痛くなる原因の一つとして乾燥があげられます。マスクをつけて乾燥からのどを守りましょう。乾燥を防いでくれるので非常に効果があります。湿った濡れマスクもおススメです。


刺激物を避ける

冷たい物、辛いもの、のどに刺激があるものを避けましょう。のどにダメージを与えてしまいます。のどが痛いときにはあったかいものがのどにいいです。


最後に

飲み物を中心にご紹介してきましたが、全部試す必要はありませんので、自分に合った飲み物を選んで試してみてください。筆者的には2番目にご紹介しました、ペパーミント飴(のど飴)をジュースに溶かして飲む方法が速攻性がありおススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です