自分の国以外の人とのつきあう時の障害


今日ではたくさんのカップルが共に一緒の時間を過ごしています。
相手が自分の国の人ではない事も少なくありません。違うカルチャー、宗教など乗り越えなければならない事がたくさんあります。乗り越えるカップルも入れば、失敗してしますカップルもいます。
筆者も日本人ではない人とつきあっています。これまでたくさんの壁に直面しました。

今日は乗り越えなければならない事をまとめてみました。



スポンサードリンク



言葉の壁

もし、男女ともに英語が第2言語の場合、あなたの考えを端的に説明表現する事はとても難しいです。英語がいくら堪能になったとしても、自分の日本語の考えを英語で表現するのはとても難しいことがあります。どんな言葉を使ったらいいのかを常に気をつけなれればなりません。言葉が違う事で誤解を生み、喧嘩の原因になってしまう事も少なくありません。


宗教

異なった宗教を持った人同士がカップルになった場合、信じている物が違っていますのでこれが原因で喧嘩になる事も少なくないでしょう。現に宗教が原因で戦争が起きていますし。
幸い、日本はあまり宗教を深く意識していない国なのでこれは日本人が合わせれば乗り越えられる壁です。


文化と伝統

どちらかが相手の文化を受け入れることが難しいもしくは拒んだ場合、関係を続けていく事は難しいでしょう。相手の文化を理解して、自国では非常識なことでも受け入れる柔軟性が必要です。特に日本で当たり前の事が他国では当たり前ではなかったり非常識だったりしますので注意が必要です。


最後に/h2>
障害をいくつか書きましたが、大事なのはいつでも相手の意見を尊敬し、心を開いて、人種差別などの心は持たないことがスムーズな関係を保ためには必要です。相手を理解しようとする気持ちと愛する気持ちがあれば乗り越えられるでしょう。筆者も何回も壁にぶつかりました。特に日本人は言葉足らずでも相手の心を読む事に長けているため、それが誤解を生み喧嘩をしてしまうこともたくさんありました。
人生はローラーコースターのようですが、楽しみましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です